トップページ

キリストの導きによる真のヒーリング、キリストコンシャスネスヒーリング開始!

エデンヒーリングスペースのホームページへようこそ。

エデンヒーリングスペースは川崎市川崎区にあるヒーリング専門のサロンです。

キリストコンシャスネスヒーリングを中心にレイキヒーリングの伝授、ヒーラー養成、ヒーリングセラピー、ヒーリングアイテムの販売をしています。

エデンの中心となるキリストコンシャスネスヒーリングは、10年以上ヒーリングに携わる中で神からの啓示によるものです。行先を見失ったり、行先を見誤った人々やヒーラーを救い人類を正しい方向へ導くこと、イエスキリストの愛により生きる人々を増し世界を平和に導くことを目的としています。
ヒーリングを学んだ人も学んでない人も時として救いたい、生かしたい対象を間違えることがあります。それも人生における学びです。キリストコンシャスネスは、救うもの、生かすもの、戦うものを明確にし愛へと導きます。
キリストコンシャネスヒーリングは、主イエスキリストへの信仰によって起こる超自然のヒーリングイエスは。罪を認め、悔い改め、罪の赦しにより解放します。
特定のエネルギーに同調させるヒーリング技法(レイキなど)は使い方を誤るとエゴを生かすだけになってしまいます。原因となる罪に気づけない、罪を罪と認めず、罪を問題としてすり替えたり(ものごとの見方が問題だったという結論づけ)が、リラックスするだけ、がヒーリングで癒やされない原因です。
キリストの御言葉
マタイ12:15
あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、見るには見るが、決して認めない。この民の心は鈍り、耳は遠くなり、目は閉じてしまった。耳で聞くことなく、心で理解せず、悔い改めない。わたしは彼らを癒さない。

マタイ11:28
疲れた者、重荷を負うものは、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、私に学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

ヨハネ14:6
イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、誰も父のもとに行くことができない。」

キリストコンシャスネスヒーリングは宗教のキリスト教の教義とは関係ありません。毎週土曜日13時から18時


レイキヒーリングの伝授では、臼井レイキのほかにカルナレイキ、セイキムレイキ、スピリットレイキの伝授がございます。
ヒーラー養成コースは、レイキ伝授後の修養の場として毎週通ってヒーリング能力の向上と自己の癒しを促進するためのセミナー「Feel The All」を開催しています。毎週木曜日10時から18時。
セラピストや他者ヒーリングの経験を重ねたい方のためのヒーリングプラクティス。
レイキ伝授後にヒーリングセラピーを受けての補習、アチューンメントが受けられる受講後サポートがございます。

パワーストーンを使ったヒーリングアイテムは、ヒーラー(マスター)がチャネリング、リーディングにより製作するもので創造主の心、精神性とパワーを込めて一つ一つ丁寧に作り上げています。パワーストーンコーディネートは、ヒーリングセラピーを受けて頂き、身体のエネルギー調整をしてからブレスレットなどの装身具をお作りするものでリーディングだけのものとは一線を画すものです。

お知らせ

2018年10月08日
キリストコンシャスネスヒーリング
2018年04月23日
ヒーラーにお勧めのストーン入荷しました
2018年03月10日
ヒーリングストーン通販サイトオープン
2018年03月04日
リニューアルしました。

ハンドヒーリングは愛のエネルギー

自分ではヒーリングと呼んでいなくても、あなたもすでに自分自身や他者にヒーリングを行い、またヒーリングを受けてもいます。ケガをした時や腹痛、頭痛など痛みを感知した時にいちばん最初にすることは何でしょう。まず痛む部分に手を当てて痛みを止めようとするのではないでしょうか。この手を当てるという本能的行為は、同時に痛む部分にある意図を持ったエネルギーを送ることになります。親なら子供が痛がっている時、恐れや不安を抱いている時には、その子を抱きかかえてそっと撫でてあげる。他の愛する人々、親、兄弟、友人、知人、に対して肩を軽くたたく、背中をさする動物に対しても同様です。このような行動の経験を振り返ってみると、深く愛情を感じている人に触れる時、また触れられた時は知らない人の時より強い効果があることに気づきます。相手に触れる場合においては、おそらく自分の手に特別なエネルギーを込め、触れられる場合においては、特別なエネルギーを受け取ろうとしたからです。それはその人に抱いている愛情のエネルギーです。このように言われれば、自分が実はヒーリングを知っているのに気付いていなかっただけだと分かるのではないでしょうか。誰もがヒーラー(ヒーリングをする人)なのです。人がヒーリングを行っている時は、意識や感覚に働きかけています。ケガをした場合、傷は目に見えますが痛みそのものは直接、目では見えずに感じています。不安や恐れも目に見えずに感じています。何かに意識が行き、痛み、不安、恐れといったエネルギーを感じ取った状態です。子供が抱きかかえられて安心するのも、親の愛情に意識が行き、そのエネルギーを感じ取った結果です。気分の良い時の手は、他の人にとっても、嫌な気分の時よりも心地よいものです。嫌な気分の時のエネルギーは喜びに満ちた時のエネルギーとは明らかに異なっています。自分がどのような状態にあるかは、エネルギーを通して現れます。気分を調整することでエネルギーの質と種類、流れを調整する方法を学べば、じきに自己のフィールドのエネルギーをヒーリングエネルギーに使えるようになります。これがヒーラーの行っていることです。ヒーラーは自分のエネルギーを知覚し調整することを学び、それをヒーリングに使っているのです。これがハンズオンヒーリング(手当療法)の土台になっています。
人間はエネルギーとしての存在です。自分のエネルギーを知覚し調整できるようになれば、今の自分をいか様にも変化させていけることになります。ヒーリングセミナーでヒーリングを学ぶことは新たな自分を創造する方法を知り、創造できるということです。