ブログ一覧

欲求を知る

現実を変えたいと思ったときに、

過去の出来事や過去の自分を手放したいのか、

それとも今までのままの自分で、何かを得ることによって現実を変えたいと思っているのか、

どちらを求めているのか正直に観てみます。

人生が上手くいかないのは、過去の自分のやり方と自分の在り方が原因です。

 

癒しは、手放すことから始まります。

癒された自分という形態を得ようとする思いを手放すのがポイントです。

2020年07月13日

知識による満足

ヒーリング技法や宇宙の真理を知識のみによって満足させようとしている時、

または満足している間は、癒された自分を得ようとしています。

ヒーリング技法や宇宙の真理、知恵は自分を手放して行くための方法や知恵です。

ヒーリング技法や宇宙の知恵を、知ることで現実を変えられるのではなく、

それらを使って、自分を手放すことで現実に変化を起こすのです。

2020年07月13日

エネルギー循環

得ることと手放すことのエネルギー循環の違いについて。

「得たい」思いは、エネルギーを「ため込みたい」思いです。

私のものとして抱え込みエネルギーの流れを止めます。ですからエネルギーは循環しません。

手放す行為は、抱え込むことをやめることなので、エネルギーの流れを阻害しなくなり

新たなエネルギーの循環が起こります。

新たなエネルギー循環が起こることがヒーリングです。

2020年07月13日

受け入れる

手放すことで、新たなエネルギーの循環が出来るとヒーリングが起こるのですが、

今までとは、違う現象が起こります。

例えば、身体に痛みが出たり、人間関係が変わったりします。

これらは必要なヒーリングが起こっていることなのですが、

今までの自分の考え方、観念で捉えると良くないことが起きたとしてしまいます。

すると、変化を受け入れるのを止めてしまいます。

ここで、今までの自分の観念を手放せるか、手放せないかがポイントとなります。

観念を手放せると、「観念を手放した自分」と「変化を受け入れられるようになった自分」と

2つのヒーリングが起こるのです。手放したことによって、新たなエネルギーを得たのです。

手放すこと、変化を受け入れることで、ヒーリングの循環が出来るのです。

 

2020年07月13日

手放すのは全て

手放すのは、対象は全てです。

観念、考え方、欲求、身体、感情、想念などは、「私の○○」と言って所有物となっています。

これらの所有物も手放す対象ですが、「私の」と言っている私も手放す対象です。

今までの人生を創った本人です。

最初に着手したい対象です。

「私の○○」と言っている私の正体をあばいて手放すとヒーリングが加速します。

「私の○○」と言っている私が幻想を抱きその現実を創っています。

幻想を創りだす私は所有物に隷属されています。

私以外の対象(所有物)を癒そうとすることで、癒しが進んでいると錯覚させ、

私を癒やさないようにしむけます。

だから、初めに所有物に隷属し、幻想を創りだす私を手放します。

 

2020年07月13日

得るのではなく受け取る

「得たい」という思いは、理想の結果や願望が叶うことを期待し、それ以外は受け取らないという姿勢です。

これは、所有物に隷属している私の行為です。

ヒーリングは、与えられたものを受け取ることで起こります。

ヒーリングに必要なヒントや状況が与えられます。

それを受け取り、どのように解釈するかには、直感が必要となります。

何かに囚われている自分がいると直感が働きません。

直観は6番チャクラの機能です。

6番チャクラが正常に機能すると真実を見抜きます。

2020年07月13日

「得るのを止める」という罠

得ようとすることで、癒されないなら「得るのを止める」と言って何もしなくなります。

「得たいものが手に入らないなら、癒す必要はない。」という心理です。

これも、思考に隷属状態の私の行為です。その私を手放すのです。

「癒された私」を得たいと思っているならば、それは所有物としての私です。

それが、自分そのものでは無いことを見抜くのです。

ヒーリングは、手放すことで与えられるのです。

 

2020年07月13日

与えられるものを限定しない

手放して与えられるものは、「有」「有形」とは限りません。

「無」「無形」も与えれれるものです。

有と無、有る状態と無い状態が存在しているのです。

手放すことで執着していたものが、消えたらそれは「無形」が与えられたのです。

「無い」という気付きも与えられたものです。

 

 

2020年07月13日

周りを変えても変わらない

自分を取り巻く環境を変えたところで、何もかわりません。

自分の考え方と同意する人を集めても、何もかわりません。

出来事に、意味づけしているのは誰ですか?

意味をどこから引き出している?

限定的なものの見方、考え方が苦しみを生んでませんか?

限定的なものの見方、考え方の奴隷になっていませんか?

限定的なものの見方しかしないのは誰ですか?

責任は誰ににありますか?

自分です。

変えなければならないのは自分です。

限定しているものだけに縛られることをやめるのです。

それが手放すということです。

所有物すべてに縛られるのをやめるのです。

限定された自分を手放すのです。

2020年07月14日

魂を救う

魂を救うとは、魂が所有物に隷属された状態から解放することです。

所有物は、私と思っているもの人格、思考、感情、肉体などです。これらは、創造物です。

所有物を自分と定めている錯覚と所有物との一体化、

所有物に突き動かされる状態から抜け出すのです。

所有物を手放した時に自分が見えます。

 

本来の自分は創造物ではありません。

 

2020年07月14日

人格は換えるもの

人格を自分と思っていると、人格の上に人格を被せようとしたり、人格が人格を変えようとします。

これでは、人格を換えることはできません。

人格が人格を変えようとしても、その人格の信念の通りにしかなりません。

だから、今までの根本的には変わりません。

人格の上に人格を被せても、無意識に素の人格が現れます。

人格や性格は自分ではないと気付いて、人格から離れることが出来て人格や性格を換えられるようになります。

人格を換えるとは、自分が無になって違う人格を現わすことです。

 

猫を一つの人格としたら、それを手放して犬に換える。

 

2020年07月16日

人格を換える必要性

現実世界は、無意識下の人格を実現するためのステージです。

だから、私のものと思っているものは、全て手放すのです。

そして、宇宙に委ねる。

すると、必要な人格が与えられます。

新たな人格を実現する世界に換わります。

「世界が換わる」は次元が換わることです。

2020年07月16日

人格はエネルギー

優しそうな人、喜んでいる人、起こっている人、落ち込んでいる人など他者の状態、人格は、その人のエネルギー状態を感じ取っています。

自分の人格も同じようにエネルギーで出来ています。

感じてみください。

いつも同じ感じではないですか?

いつも注目しているのがそのエネルギーです。

それは、感じている対象であって自分ではないのです。

注目の対象を換えれば人格が換わります。

日常でどんなエネルギーを感じているか認識することが重要です。

 

2020年07月16日

心のはたらき

1.触 感覚器官(眼耳鼻舌身意)のこと
 
眼-色 色形    視覚
耳-聲 音     聴覚
鼻-香 香り    嗅覚
舌-味 味     味覚
身-触 硬さ、熱さ 触覚
意-法 概念    思考、意識(心と呼んでいる、私と思っていたりもする)ありとあらゆるものを認識の対象にしている。

2.受 感覚(感じること、受け取ること)のこと
何に受が生じるかはその人の興味によって違う。頭の色々な考えが浮かんでも、ある一つの概念だけ受け取って喜んだり、苦しんだりする。受により感覚は「楽」「苦」「不苦不楽」の三種類。
受に基づいて渇愛がある。渇愛とは五感に刺激を与えたい欲、生存欲、破壊欲。
人は、感じたものを認識します。認識があるから「私は知った」ということに自動的になります。感じる働きから「私」という考え方が出てきます。感じているから「私がいる」となる。
私と思っているのは、瞬間、瞬間、生滅していく無数の「受(感覚)」の流れに過ぎないということ。そして、その無数の受(感覚)からくる束縛を無くすことで平安がある。

3.想 
対象を認識するために他のものと区別する働き。「これはこういうものだ」と概念をつくり区別する。自分が興味のあるものにはより多くの想をつくる。想が生まれないと受が生じない。
概念、知識、記憶などはすべて「想」の塊。概念や知識、記憶などによっても「私がいる」と錯覚している。

4.志
行動を起こさせる機能。「○○をしよう」と行動する、行動の動機付けのような働き。意志。
目を開けて、自然と何かを見た時でさえ「見よう」という衝動があってわずかな意志が働いている。意識して「見よう」とすれば、かなりの「志(意志)」が働く。

5.一境性
対象に集中する働き。一境性は心が絶えず走り回っても、その瞬間、瞬間、見るものや、聞くもの、考えるものに一瞬集中するというもの。一境性が強くなると集中力になる。一境性は認識しようとする瞬間に、自分が認識しようとする側面に心所(心の働き)を統一させます。同じものでも何に集中したかによって見え方が変わります。
一境性をパワーアップするには、瞑想やスポーツに励むこと。一境性が育つことで気づきを入れることができるようになる。

6.命根
心の生じては滅しての繰り返しをしているので、この瞬間的な「生きる」という働き。
花を見ているときには、花を見る心が生じ、それはすぐに死んで、次の新しい心が生じます。

7.作意
作意は認識対象に心を作動させるエネルギーです。情報を処理することです。「なんだろう、なんだろう」と心を向けるような働きのこと。一般的な集中力というのは一境性の強い集中ではなく、作意を同じ対象に働き続けることが多い。作意をコントロールすると、認識対象を自分で決められるようになる。作意を自由にコントロールするには「精進」「念」の心所を育てること。精進は「こうしよう」と決めてその方向にがんばること。念は「今、ここ」に目覚めていること。

2020年08月01日