神聖な存在へ!本来の自分を思い出すヒーリング。川崎市にあるレイキヒーリングスクール、エデンヒーリングスペース。


聖なる自己への扉を開く

ソウルマントラ

私たちは魂
私たちはモナド
私たちは神聖な光
私たちは愛
私たちは意志
私たちは完全体

エデン靈氣伝授

エデン靈氣伝授は、意識のアセンションを目的としたヒーリング技法を提供しています。カルナレイキ、セイキムレイキ、スピリットレイキの伝授もしております。

エソテリックレッスン

エソテリックレッスンでは、愛、豊かさ、調和を土台とした人生と世界を創造するために、カバラの叡智やアリスベイリーの秘教などから創造の原理を学びます。

靈氣修養会

靈氣修養会では、発霊法や他者ヒーリングの実践を通して靈氣エネルギーと親しみ、エネルギーに対する感覚を高めヒーリング能力・観察力を促進します。

ヒーリングセッション

身体の波動を整え、居ついた意識の開放をサポートします。


お知らせ

エデン靈氣伝授システムを変更しました。実践的かつ受講しやすくなっています。初心者も経験者もお気軽にお申し込みください。

メッセージ

私たちは、宇宙と人間に内在する未知に触れることで現状を超越する無限の可能性の扉が開くことを確信しています。
愛の内で今までとは違ったことを考え、選択することで世界を変えられます。
人間の本質は、永遠の生命であり愛であり可能性であることを確信しています。

神奈川県川崎市川崎区にあるエデンヒーリングスペースは、「人間と宇宙(ユニバース)と人生、存在の真実」を探求するグループ意識です。エデン靈氣の伝授、ヒーリングレッスン、ヒーリングセッションの活動を通して自己の可能性を開くワークショップを提供しています。

・エデンヒーリングスペースのヒーリングレッスン・伝授は、まずパーソナリティ〈人格〉と意識としての自己の同一化を解き、魂(ハイヤーセルフ)と接触することに主眼を置き指導していきます。パーソナリティ〈人格〉というのは1.メンタル体(思考)2.アストラル体(感情)3.肉体とエーテル体の三つの体の集合体を指します。
・パーソナリティの感情や思考を安定させるリラクゼーションだけではなく、魂の救済、是正を目的としたヒーリングをお伝えすることで自己の可能性を開いています。
・レッスンでは、知識―実践―検証を繰り返して自身を癒しながら靈氣ヒーリングを体得できるよう進めていきます。
・少人数、プライベートでレッスンすることにより、受講者のレベルにあったアドバイスをしながら進めますので日常ですぐにヒーリングを起こせます。
・自らの道を自ら切り開くことができるレイキの活用法が身に付きます。

理念

今、認識している自分を変えたい、救いたい、超越したい人を支援していくのが私たちの目的です。
ヒーリングを通して一人ひとりが、自分とは何か?人生とは何か?その答えを導き出せるようになること、そして多くの方が自分が何者であるかに気づき、高次パーソナリティ、魂(高次自己、ハイヤーセルフ)、靈(スピリット、真我)の統合された人間として人生を送れる様になることを目指しています。

靈氣ヒーリングによる恩恵

自分を含む全ての存在の中に愛を見て、感じられる。

自分を含むすべての存在を愛しく思える。

静寂の中の豊かさ、喜び、安心を感じる。

旅立ちを愛と共に送り出せる。

靈氣エネルギーとは

生命エネルギー(プラーナ)と光線(エネルギー)の二つのエネルギーで構成されています。
漢字であらわされる靈(モナド)の特質は愛と光と意志(力)の三つの光線(エネルギー)です。
氣は生命エネルギー(プラーナ)を指します。
エーテル体に流れるのが生命エネルギー(プラーナ)で身体に活力を与えます。
靈より魂を通して流れるのが光線(エネルギー)です。この三つの基本光線が創造力となり人間のテンプレートを構築します。
無条件の愛のエネルギーと言った場合、これは魂に流れる光線(エネルギー)のことです。
靈の愛の光線はすべての存在に対して向けられ、魂の愛はすべての人類に向けられ、パーソナリティの愛は個人へと、エネルギーの向け方、使い方、質量が変わります。エネルギーの使い方、向け方で人間のテンプレートが形成され人生と世界に影響を与えます。

臼井靈氣で使われる三つのシンボルは、地球、月、太陽を象徴としています。これらシンボルのエネルギーは、根源から銀河系-太陽系-地球、月、太陽を経由して送られてくる光線です。この光線は、惑星の動き占星学、生命としての宇宙の進化とも関係しています。西暦2000年頃を境に魚座の時代「二元性の世界」「自己犠牲の愛」からみずがめ座の時代「博愛主義と利他主義」「自由と平等」へと移行したのと共にシンボルのエネルギーも移行しています。西暦2000年以前は人格の統御と魂の目覚め、西暦2000年以降は、さらに次の周期を見据え、靈・モナドの実現に向けたエネルギーとなっています。

靈氣エネルギーは、宇宙の流れと共に日々進化しています。
魂の時代となり靈の時代へ向けすべての存在のヒーリングエネルギーが上昇しています。

モナド(靈)、魂、人格

神(ロゴス・根源)は我々の惑星系に600億のモナド(分神霊)を創造し、それぞれのモナドは12の魂を生み、その魂はさらに各々12の肉体化された人格(パーソナリティ)を生みました。
神は、秘教的には「モナド」と称されます。創造主の個霊化した霊的閃光を生み出した「I Am Presence」とは、モナドのことで、それは我々の初の核たる知性であり、個性を有する自己自身です。靈(スピリット)とも称されるこの神の閃光こそ、我々の真の姿です。
魂は、その創造者であるモナドのより小さい部分的な表出である。魂は高次自己(ハイアーセルフ)とも呼ばれます。高次自己とは超意識であり、高次心識(ハイアーマインド)です。

靈氣ヒーリングで出来ること

・聖なる計画の実行、意識のアセンション

現在の低位パーソナリティ(利己的人格)の活動から魂(非利己的、利他的)の活動へと昇華し、靈(善、ワンネス)の活動へと意識を進化させていきます。
低位パーソナリティの物質、感情、思考への過剰な信仰である三次元意識から魂の領域である四次元意識(抽象思考、高位マインド)、五次元意識(直観、ブッディ、愛と智慧、キリスト原理)、六次元(霊的意志)、さらに靈の領域である七次元以上へと意識を昇華させていきます。
意識の次元が上がるにつれ存在の真実に気づき、愛、喜び、平安、調和の内に生きられるようになります。
ネガティブ(否定)が存在することが、不自然であることに気づきます。

・壁を崩す

信念体系を守ろうとするクリティカルファクター、ファザードバリア、敷居の住者と言われる顕在意識と潜在意識の間にある壁を薄くします。
壁が崩れることで自己欺瞞を見抜き真実の自己、真実の世界を認識できるようになります。
低次マインドが作り出す幻想の平和、幸せと魂の平安との違いを認識します。
原因と結果を深いレベルで理解します。

・自己犠牲の終焉

自分自身の喜びや幸福を犠牲にして他者へ奉仕する人生を手放して、自他ともに喜べる人生を送る。
喜びを独り占めすることだけが利己的ではありません。自己犠牲も苦しみ、痛みを自分だけが得ようとする低位パーソナリティの利己的な活動なのです。
苦しみ、痛み、抑圧を伴う自己犠牲的な献身は、間違った愛の表現であり、真の愛とは喜びと共にあるものです。
苦しみを一人で背負うことを美徳としたのは、「二元性・分離」の世界の幻想(間違った思想)です。すべての存在が幸福であることが美徳です。

・低位パーソナリティ性質の浄化

エーテル界にあるマーヤ(幻影)、メンタル界にあるイリュージョン(錯覚)、アストラル界にあるグラマー(自己幻惑)これら三界における迷妄への過剰信仰の除去。固定観念、間違った信念、思いこみ、執着を手放します。
パーソナリティ:肉体(エーテル体)、アストラル体(感情体)、メンタル体(マインド・思考)の三つの体。
愛、光、平和、調和、喜びといったエネルギーを選択することで、低次我による古い信念パターンや感情パターンの制約から起こる恐れ、不安、対立、怒り、貪りといったエネルギーから解放されます。

・人類の救済

利己的なパーソナリティ性質から、魂の特質または、それ以上の靈の特質を体現する意識が増えることで集合意識に影響を与え人類の救済に貢献できます。
病は、魂のエネルギーの流れを許さないこと、魂のエネルギーへの抵抗が原因とされています。魂のエネルギーが活用できることで健康で健全な社会の実現が可能となります。

・新しい人間の構築

一人一人の魂の個性と学びを尊重した多様性の理解。
パーソナリティ、魂(ハイアーセルフ)、靈(モナド)の三つが統合された人間となります。
生命、奇跡、愛、光、意志(善)、調和、真実を基調とした霊的人間となります。

人間の三位一体構造と意識の次元上昇の段階

1.人格(パーソナリティ)すなわち魂の延長

◎人格の三つの体
1 メンタル体
2 感情体(アストラル体)
3 肉体とエーテル体

最初のレベルでの自己実現は人格レベルでの自己実現に関わるものです。
身体的な喜び(快楽:いい気分、健康)、お金、名声(認められること)、権力(支配できること)に安全を求めているレベル。
社会的な生活も恋愛も子育ても、身体的な快楽、認められること、支配できることが土台となっています。
自分以外の「もの」の力に魅了されている段階。
始めは、このレベルの欲求を満たすことに多くの人が夢中になっています。
安全が脅かされると苦しみを生み、苦しみを埋めるために人格レベルでの自己実現欲求が増すのが特徴です。
消えゆくもの、想念への執着が、人格レベルの自己実現に留まらせます。

2.魂、高次自己(ハイアーセルフ)、超意識

◎魂の三つの局面
1 霊的意志 ― アートマ
2 直感 ― 愛と叡智 キリスト原理
3 高次心識 高位マインド ー 高位マナス

二番目のレベルは、魂における自己実現です。
このレベルは、人格レベルの自己実現では満たされないことに気づき、自分や人生についての真実を求め始めます。
ヒーリングや瞑想を必要とし、魂の直観能力を用い内省することで人格(パーソナリティ)の浄化を行います。
魂のレベルで自己実現を果たした人は、魂(高次自己)と一体化し、日常生活でもそうした現実を生きています。
自他への無条件の愛に生き、常に奉仕の姿勢でのぞみ、生きとし生けるものが本来一つであることを認識している。
我々の本当の自己が神なる存在(意志)でありキリスト(愛)であり仏陀(知恵)であり、そして神の息子や娘であることに気づいている意識状態であることを指します。
魂レベルでの自己実現欲求は、人格の浄化とモナド(靈・真我)との接触です。
パーソナリティの浄化とモナドとの接触を図る行為をヒーリングと呼び、魂の自己実現を求める限られた者に与えられる知恵が「秘教(エソテリック)」と呼ばれるもので創造、具現化の法則です。

3.モナド、霊、強大なる「われ臨在なり(I Am Presence)」

◎モナドの三つの局面
1 意志ないし力 ― 父の原理
2 愛と叡智 ― 子の原理
3 活動知性 ― 聖霊の原理

自己実現の三番目のレベルは、モナドあるいは霊レベルでの自己実現です。
この自己実現のレベルに達した人は、叡智の熟達者であり慈しみの大家です。
魂との融合も超える、モナドおよび「われ臨在なり」との融合を果たしています。
そんな彼らはあらゆる限界を完全に超越し、全ての惑星レベルのカルマ、輪廻を脱した、真に自己実現した存在として、アセンションしたマスターです。

ブログ・インフォメーション


PAGE TOP